最新 東京ゲートブリッジ・ニュース

東京ゲートブリッジ観光を100倍楽しむサイト

このサイトでは東京ゲートブリッジを100倍楽しむためのオススメ見学ポイントや観光ルートを紹介しています。 いま話題の東京ゲートブリッジ観光をする前に見ておくと、より一層充実したものになるはずです。 より便利なサイトを目指して頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

東京ゲートブリッジとは

東京ゲートブリッジは、東京港第三航路を跨ぎ中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ橋梁であり、若洲海浜公園の海釣り施設の背後にそびえたっています。東京港港湾計画に位置付けられた港湾施設(幹線臨港道路)・東京港臨海道路のII期事業区間の一部で、年々増加するコンテナ輸送の道路混雑を緩和するため2004年から建設され、2012年に開通予定です。

東京ゲートブリッジの建設地が羽田空港に近いため、橋の高さに制限があるのに加え、大型船舶の運航も見据え桁下の高さを確保しなくてはならないという難しい条件をクリアすべく、吊り橋や斜張橋ではなく、三角形に繋いだ鋼材を組み合わせて橋桁の荷重を分散するトラス構造が採用されました。

東京ゲートブリッジの完成までには、若洲側中央部トラス桁の架設後に溶接の割れや鉄骨の変形が発見されるなどのトラブルがあり、完成が半年ほど遅れるという事態に陥りましたが、2012年(平成24年)2月12日午前10時開通予定というところまでこぎつけました。

照明機器はエコを意識しており、太陽光発電システムを導入、夜間のライトアップはLED照明によって行います。

全長2,993mで海面からの高さは最大で87,8m、東京港や都心を一望することもできるということで、同じく2012年開業予定の東京スカイツリーと並び、東京の新たな観光名所として今注目を浴びています。

開通予定

開通予定2012年2月12日午前10時開通予定
延長2,618m
総事業費約1,125億円
住所(場所)東京都江東区若洲 - 中央防波堤外側埋立地 東京港
この記事に関連するページ
キーワード検索
リンク集
その他の運営サイト